ほうれい線とシワの関係

ほうれい線には肌のシワが大きく影響しています。

私たちの皮膚には表皮があり、その下に真皮があります。
これらが新陳代謝を繰り返すことで、肌が再生されてきれいに
なっていくのです。

肌は、コラーゲン、エラスチンやヒアルロン酸などからできています。
この中で肌のハリに最も関係しているのがコラーゲンです。
エラスチンは繊維状のものでコラーゲンを束ねる役割があります。
ヒアルロン酸は肌の水分をキープするのに役立っています。

ほうれい線の原因である表情筋の衰えと共に、これらの肌に必要な
3大成分の量も加齢に伴って減ってきます。

そのため肌からハリや弾力や水分が減っていき、シワができてしまうのです。

シワの中でも「ちりめんじわ」と呼ばれているものは、細かいシワで
表皮上にできるものです。

シワ主な原因としては、肌の乾燥によるもので、それを回復させるには、
肌に水分補給をたっぷりと行い、美容クリームなどできちんとふたをして
水分を逃がさないようにしておくことが大切です。

しかし笑いジワなどの場合は、習慣化しているものなので回復させることが
やっかいになります。

これは、真皮の組織がダメージを受けてしまっているのです。



薄毛対策は、できる!



薄毛の対策は、いくつか知られています。
生活リズムを見直し規則的な生活を送るだけでも、
薄毛対策になります。

では、薄毛の原因になってしまう生活習慣とは?

まず大切なのは、睡眠。
毎日が忙しく、睡眠時間を削って生活をしている人、
昼夜が逆転している人は、要注意。

夜10時から深夜2時に寝ているようにしましょう。

この時間帯は、成長ホルモンの活動が盛んだからです。

さらに、規則的な食事をとって、健康維持に必要な栄養を
確保することも大事なことです。

健康にいい栄養を摂取し、特定の栄養素ばかりを
食べ過ぎないようにしましょう。

さらに、禁酒と、禁煙ですね。

薄毛対策を講じたいなら、努力が必要です。

そして、運動不足の解消。

体を動かして、体内を巡っている脂肪をエネルギーとして
消費することにより、血液の流れを改善する効果が
期待できます。

薄毛の対策として、あなたの生活習慣を見直す
いいチャンスですよ。

http://goo.gl/Ynh7rL
タグ:薄毛対策

精神面のアンチエイジング


老化に抗するのがアンチエイジング。
でも、これは外見だけのことを言っているのではありません。

若返りをはかるには美容整形してきれいになることでも
ありません。

アンチエイジングは自宅において自分で行えるケア、
毎日積み重ねた結果によって得られる若返りなのです。


毎日自分でコツコツと行うことで、外見だけではなく
内面から精神面でも自信となって、気持ちのもち方も
変わってくると思います。

このようにアンチエイジングというのは、
見た目や外見だけではなくて精神的なことも意味して
いるのです。


健康な肉体を作るには健康な精神力が必要です。

肉体が若ければ精神的にも若くなれることもあるでしょう。

アンチエイジングを精神的に行うためには、
幸せな生活、笑顔で毎日過ごせる生活をすることが大切です。

アンチエイジングを外見からも内面からも行うことで、
医学的に考えてもメリットがあります。

肉体と精神面を両方若返らせることで、
病気の予防効果もあるとして期待されています。


最近では肌ケアをする化粧品なども技術が進歩していて
いい商品がたくさんでています。

そのためでしょうか、最近の中高年の人は昔の人に比べて
肌もきれいで若く見えると思います。

毎日コツコツとケアを行える精神力を持っているからこそ、
肉体的にも若返りを果たしてアンチエイジングを
成功させることができるのです。

まだ始めていな人は簡単なものから始めるといいですね。


パーフェクトコラーゲン100 若さの秘訣

日本医科大 PET検査でがんを早期発見

老化を遅らせよう


「老化」は、どうしようもないようですが・・・。
その速度は、遅らせたいものですね。

美しくありたいのは、女性の永遠の願望。
ですが、年をとるにつれて肌のツヤや輝き、
ハリ、色あいなどが衰えて
肌荒れも出てくるものです。
残念だけど。

私たちの体は、日々新しい細胞に生まれ変わっています。
このことを新陳代謝とよびます。

人間は20歳を過ぎたころから細胞をつくる合成力が
衰えはじめ、
細胞分裂がスピードダウンし、
肌が荒れはじめたり、
あるいは不完全な質の悪い細胞などがつくられるように
なってきます。

皮膚の新陳代謝が衰えると、
細胞と細胞をつなぐ材料となっているコラーゲンの
生成スピードは遅くなります。

これが、肌荒れ、肌のシワ、シミの原因となるのですね。


また、肌荒れや肌がトラブルを起こすのは、
内臓疾患や便秘、体質なども大きな原因になっています。

肌荒れは・・・酒の飲みすぎ、
        タバコの吸いすぎ、
        夜ふかし、
        不規則な食事

   などからくる血行不良が根本原因です。


肌荒れ、シミ、シワをなくし美肌づくりのポイントは、
皮膚にいつも十分な栄養を行き渡らせることです。

皮膚の細胞は、約4週間を周期に古い物から新しいものへと
入れ替わります。

この新陳代謝が円滑であれば、
肌荒れはなくなり、
いつもつややかで生き生きとした素肌を保てるのです。

栄養素から言いますと、
良質なタンパク質が健康な皮膚をつくり、
ビタミンB群が皮膚の新陳代謝を促し肌荒れを防ぎ、
肌に弾力性をもたらせてくれます。

抹消血管の血行を促し、肌の血色をよくするのは
ビタミンEです。


日本医科大 PET検査でがんを早期発見

アンチエイジングの考え方

アンチエイジングが分りづらいという方には
1つ例えを挙げましょう。

例えば時計に例えてみると、
時計の針は、後ろ側にあるねじを操作すれば
針を遅らせることができます。

これがアンチエイジングと同じ考え方なのです。


アンチエイジングとは、
肌の若返りを図る、
少しでも老化が遅くなるようにすること、
そのためにスキンケアを行い、
外部から皮膚をケアしていくということなのです。

アンチエイジングはその字の意味からすると、
加齢に反抗するということになのですね。。

しかし本来、アンチエイジングの意味を考えると、
加齢からくる身体症状を予防するという意味があります。


今では、体の免疫力を回復させることや遺伝子レベルで行う
アンチエイジングの研究が行われています。


日常生活において私たちができる
アンチエイジングのケアとしては、
美容面ではサプリメントの活用やマッサージを行うこと、
医療によるケアなどがあります。


いろんなケアの仕方を知り、その中で自分に合ったものを
見つけていくことが大切だと思います。



日本医科大 PET検査でがんを早期発見

アンチエイジングとは


「アンチエイジング」。

近年よく耳にし ますよね。
歳をとると、目元のしわが気になったり
顔のたるみが気になったり、髪の毛の色が気になったり、
さまざまなところが気になります。

これらは若い時には気にならなかったことです。

人間は当然のことながら年齢を重ねます。
いつまでも若くはいられないのです。

アンチエイジングを日本語にしてみると、
「アンチ」は「抗体」や「反抗」を意味します。

「エイジング」は「加齢」なので、
「抗加齢」とか「抗老化」という意味になります。

老いていく体、これはどうしようもありませんが、
遅らせることはできると 言われます。

老いを止めるということではなく、
少しでも遅くなるように遅らせていくということ。

これが「アンチエイジング」なのです。

日本医科大 PET検査でがんを早期発見