アンチエイジングの基本


同じ世代でも、人それぞれに若さの度合いは違いますよね。

外見だけを見ても若そうな人もいるし、そうでない人も・・・。

その外見アンチエイジングにとって大切なことは、
偏りのない栄養が体中に行き渡っていることが大切だと
考えられています。


一般的に人々が気になる老化部位は、どこになのでしょう?

もちろん、人によって違いますが、
おおざっぱに言えば、皮膚、白髪、歯のもろさなどがのようです。


しかし、だからと言ってそれぞれの対策にお金を使っていたのでは
お財布が耐えられません。

そこでただ一点。

血液の老化を予防すればいいのです。

血液が老化して体内循環が悪くなってしまうと、
肌にも髪の毛にも老化現象が現れてしまいます。


つまり、痛みを伴ったり、むくみやしびれなどが症状としてでてきます。


血液循環をよくするためには、体を冷やさないようにすること。

それには、冷たい飲み物や食べ物は極力避けましょう。
そして、温かいものを食することです。


また、サプリメントもそれなりの働きがあるのですが、
食べ物からカルシウムを積極的に摂取するようにすることも大切です。

日々のお手入れとしては、オイルマッサージや爪のマッサージなどをして、
血の循環をよくします。

このような毎日の継続した行動によって、体を変えていくことが
もっとも大切なことです。


浮気調査なら 「原一探偵事務所」

精神面を鍛えるアンチエイジング


アンチエイジングには精神面も大切です。

それでは実際にどうやって精神面を鍛えたらいいのでしょうか?

一番大切なことは精神的にゆとりを持つということです。


現代社会はストレス社会だとも言われています。

ストレスを抱えていると、精神的に余裕がなくなり、
肉体的にも緊張状態が続いてしまいます。


このようなストレスから体を解放させてリラックスさせる方法って?

そのひとつとして「アロマセラピー」をご紹介します。

「アロマセラピー」の楽しみ方にも、色々あります。

お風呂の中に数滴アロマを垂らして楽しむ「アロマバス」や、
お香の代わりに臭いで楽しむ「アロマポッド」、
マッサージしながらアロマ効果も得る「アロママッサージ」など。

アロマには実に様々な種類があるのですが、
その中でもストレス解消の効果があるアロマとしては、
「イランイラン」や「ラズベリー」や「ローズマリー」などが
代表的です。

「イランイラン」はリラックス効果があり、
ホルモンのバランスを調整する効果があります。

「ラズベリー」は同じくリラックス効果があり、
心身共にバランスを調整してくれます。
さらに、不眠症の改善効果も期待できますよ。

ぜひ、おためしくださいね。



日本医科大 PET検査でがんを早期発見

骨盤ステッパー

骨盤ステッパー。
美しいバランスの取れた体型を持ち、維持していきたい、
そんな方におすすめだそうです。

お尻のたるみや下腹のお肉も気になるものの、
なかなかダイエットやシェイプアップは長続きしない。

私にぴったりな骨盤ステッパーだとも思いました。
ダイエットも楽じゃありませんし、シェイプアップも根気がいるものです。

でも、骨盤ステッパーを使う事により、
ダイエットやシェイプアップ、ヒップアップが簡単にできのなら、
私は飛びついて買いますよ!

私の望みである、ヒップアップへの期待を持たせてくれたのが
骨盤ステッパーです。


日本医科大 PET検査でがんを早期発見

コエンザイムQ10とは

コエンザイムQ10とは?

  "Co=補"、
  "enzyme=酵素"という意味で、

その呼び方は 「コーキューテン」
       「補酵素キューテン」
       「コエンザイムQ-10」
 と呼ぶのが一般的です。

人間の体はおよそ60兆個の細胞でできていますが、
その各細胞には「ミトコンドリア」という,
いわばエネルギーの生産工場があります。


この働きを効率よく回転させているのが「コエンザイムQ10」
なのです。

私たち人間が活発に活動するには、コエンザイムQ10を
体の中に貯めておく必要があるといえます。

コエンザイムQ10は、人間の身体の
頭のてっぺんからつまさきまで
全ての細胞に必要とされています。


これが不足すると、必要なエネルギーが作られないので、
    疲れやすくなったり、
    免疫力が低下したり、
    それにより体全体の機能がどんどん衰えていきます。

    つまり「老化」につながるわけです。



日本医科大 PET検査でがんを早期発見

加齢とともに減少します

コエンザイムQ10は、私たちの体の中で合成されています
細胞の元気の素であり、体を錆びつかせないためにも
必要な大切な物質です。

しかし、多くの臓器のコエンザイムQ10の濃度は、
20代をピークに減少していきます。

心臓では、40代で30%、80代で50%以上もの
コエンザイムQ10が失われます。


歳を重ねるごとに食事だけでは不足してしまいます。
そこで、サプリメントで補うことも大切なことです。

コエンザイムQを必要としているのは私たちだけではなく、
他の生命体、つまり植物や動物も同じです。

したがって、食物からもコエンザイムQ10を摂取できます。
でも、その量はせいぜい一日5-10mgといわれています。

もし、一日100mg必要となれば、
毎日、イワシ20匹、あるいは牛肉を3kg、
もしくはブロッコリーを12kgも食べなくてはなりません。

これはとうてい無理というもの。
そこでサプリメントからの摂取ということになりますが、
このコエンザイムQ10がサプリメントで摂取できるように
なったのはさいきんのことで、日本では2001年からなのです。


日本医科大 PET検査でがんを早期発見