ダイエットと食事



ダイエットで大切なのは、
摂取カロリーと消費カロリーのバランスです。

一番シンプルな考えとしては、
摂取カロリーよりも消費カロリーが少なければ、
体重は減るということです。

毎日の活動エネルギーを補えるだけの食事を
わざと摂らないようにすることで、
ダイエットを目指すという人は大勢います。

ですが、そのやり方は決して賢明ではありません。

それよりも、高脂質の食事を減らし、
油を多く使った食事を控えるという方法こそが、
ダイエットの効果を高められるのです。


痩せるには、まず、食事内容を見直すことが大切なのでは
ないでしょうか?

1日の摂取カロリーを減らせば、ダイエット効果が期待できると
思うのは、ある意味当然のことです。

ですが、人間の体にはホメオスタシスという機能が
備わっており、
命を守るために、体重や体温などのコンディションを維持するという
働きがあるのです。

実際には、低カロリーの食事を食べ続ける事で
体重が減ったとしても、それでダイエットが成功すると
いう事はあまりないのです。

極端な食事制限をすると、
ホメオスタシスという体に備わっている機能が働いて、
カロリーの消費がされにくい体になってしまいます。

食事などで体に供給されてくるカロリーの量が少なくなると、
少ないカロリーで生きていくために、
人の体はできるだけカロリーを蓄えようとします。

つまり、栄養不足で健康が保てないということが起きないように、
消費するカロリーの量自体を少なくするわけです。

なので、ホメオスタシスが働いてしまうと、
いくら食べる量が少なくても、
痩せにくい体になってしまうわけです。

ダイエットを成功させるためには、
食事の摂取量を減らすばかりでなく、
運動等も組み込んで代謝の高い体づくりが必須でしょうね。


健康・美・お金